オンライン外国為替取引

外国 為替 取引 と は

外国 為替 取引 と は
注意 デイトレード(日計り取引)ではスワップポイントは発生しません。
原則として、NY時間の17時(日本時間 夏時間は朝6時、冬時間は朝7時)を跨いでポジションを持つと買いポジション、売りポジションに対してそれぞれ1日分のスワップポイントが発生します。
また、水曜日から木曜日に渡ってポジションを持った場合は、原則、3日分のスワップポイントが発生します。
スワップポイントは、各国中央銀行の金利政策や為替レートの変動などにより日々変動していますのでご注意ください。

外国為替相場の仕組みと予想のポイント

「ニーヨン、ウリ、ニ(24、売り、2)!」。スピーカーからある銀行のディーラー(外貨取引の担当者)の注文が流れます。この 暗号 のような言葉のうち、「24」は銭の部分を表します。この日の相場が119円台だったとすると、円の単位はみんな分かっているので省略し、「119円24銭」という価格を提示していることになります。「2」は売買高です。ドルの取引は100万ドル単位でするので、全体としては「119円24銭で200万ドルを売る(円を買う)」という意味になります。

取引形態は多様化しています

為替市場の動きを知る様々な値

為替は一物一価

終値、最高値、最安値、中心値などの値は、 中央銀行 である日本銀行(日銀)が発表しています。ただ、どうやって調べたのか疑問を持つ人もいるでしょう。先に見たように外為市場は様々な業者が様々な方法で取引しており、全体を把握するのは難しそうです。

<2.為替市場を予想するポイント>

相場はなぜ動くのでしょうか

予想のポイント(1):経済の基礎的条件

(2) 国際収支 ――国境を越えてモノ、サービス、資本(株や債券など)を売り買いした収支をまとめて国際収支と呼びます。すでに説明したように、例えば貿易収支(モノの輸出入)なら日本の黒字が増えるときは為替相場を円高に、黒字が減ったり赤字が増えたりするときは円安に動かす力が働きます。モノだけでなくサービスなどの取引も含めた「 経常収支 」でもお金のやり取りが発生するので原理は同じです。

(3)お金の供給量――各国の中央銀行(日本では日本銀行)は、物価や金融を安定させるため、世の中に出回るお金の量を調節します。これを金融政策と呼びます。例えば日本では物価が継続して下がる「 デフレ ーション(デフレ)」と呼ばれる現象が起きています。日銀は金利を下げて企業や個人がお金を借りやすいようにしていますが、金利はゼロ%近くまで下がってしまい、これ以上、下げる余地がありません。そこで、銀行が運用のために持っている 国債 などを買い取って銀行に代金を振り込み、世の中に出回るお金の量を増やそうとしています。こうした金融緩和をすると、円の供給が増えるので円安要因になります。同様に、米国の中央銀行にあたる米連邦準備理事会(FRB)がドルの供給を増やせば、一般にドルは安く(円高に)なります。

(4)物価――物価はモノやサービスの価格全体のことで、 消費者物価指数 などで測ります。一般に物価が上がる「 インフレ ーション(インフレ)」が起きるとその国の通貨は下落し、デフレが進む局面では通貨価値は上昇します。なぜでしょう。例えば、モノの価格が高くなるということは、同じ100円で買えるモノの量が減ることを意味します。つまり裏返すと、物価が上がっているときは、お金の「モノを買う力(購買力)=お金の価値」が下がっているのです。デフレのときは「お金の価値」が上がっているので円高になりやすいと言えます。現在の円相場の水準が割高なのか割安なのかを、日米の物価水準から考える方法があります。例えば、世界中で売られており、貿易もしやすい商品が、日本で1000円、米国では10ドルで売られているとしましょう。1000円と10ドルで同じ商品が買えるので、1ドル=100円(1000÷10=100)が、「通貨の実力」だということになります。一つの商品だけで物価を比べるのは乱暴ですが、仮に実際の相場が1ドル=120円なら、実力と比べて円は安くなりすぎていると考えてもいいかもしれません。英国の経済雑誌「エコノミスト」は、同じような考え方で、世界中で売られているマクドナルドの「ビッグマック(ハンバーガー)」やスターバックスの「トール・ラテ(コーヒー)」から、1ドルが円やユーロでいくらになるかを計算して発表しています。

予想のポイント(2):相場は美人投票

結論から言うと、実際に為替を取引している市場参加者が、貿易、投資のどちらの要因を重視しているかによって動きは違ってきます。例えば、円相場と 日経平均株価 の動きをグラフにして比べれば、似た動きをしている時期、反対の動きをしている時期、全く関係がない時期があることが分かるはずです。

予想のポイント(3):グラフを使う

代表的なものに「 チャート 分析」と呼ばれる、グラフを使う方法があります。相場の動きをグラフにすると波のような形を描きます。ここから過去の変化の特徴をつかみ、将来の動きを予想するのです。例えばどれくらいの幅で相場が動いているのか、波の頂点(最高値)から次の頂点までの期間は平均してどれくらいかなどを調べます。

予想のポイント(4):イベントと市場参加者の予想

為替相場が大きく動くのは、市場参加者が思いもかけないような事件や変化(サプライズ)が起きたときです。例えば、日銀が次の 金融政策決定会合 (ほぼ毎月1回開く金融政策の中身を決める会議)で金融緩和を打ち出すという「予想」(経済学では「期待」と呼びます)が広がると、会議がまだ開かれていなくても、市場では先取りして円安が進みます。市場関係者は金融政策によって円の供給が増えることを織り込んで、そうなる前に取引するからです。最近では、政府や日銀が中長期の政策目標を発表し、それが実現すると市場参加者に信じさせることで相場を動かそうとすることも増えています。昨年、日銀が「物価上昇率が2年以内に2%になるようにお金の供給量を大幅に増やす」と表明したときも円安が進みました。ただし、こうした手法は、目標を掲げた政府や中央銀行に対する市場参加者の信認(クレディビリティー)があって初めて効果を発揮します。

予想のポイント(5):経済統計

予想のポイント(6):様々な景気指標

景気全体が良くなっているのか、悪くなっているのかを知るのに便利な指標としては、 国内総生産 (GDP)があります。GDPは国内で行われた経済活動の成果(付加価値)の総額であり、経済がどれだけ成長しているかを知る手がかりになります。

「景気」という言葉に「気」という字が入っているように、経済は人々の心理にも影響されます。企業が景気の先行きに楽観的か悲観的かを知るには日銀が発表する 企業短期経済観測調査 (短観)の「業況判断」を利用できます。これは企業に「あなたの会社の業績は以前と比べて良くなっていますか」「これから良くなりそうですか」などと聞いたアンケート調査です。実際に企業の生産が活発かどうかは経済産業省が発表する 鉱工業生産指数 をみると分かります。一般の人の気分を知るには内閣府の「 景気ウオッチャー調査 」がお薦めです。これは、タクシーの運転手さんや百貨店・コンビニの売り場担当者に、景気の実感を聞くという調査です。

貿易など国境を越えた取引の動きについては、 貿易統計 や国際収支のデータ(財務省、日銀)を参考にするといいでしょう。物価の動きは 企業物価指数 (日銀)や消費者物価指数(総務省)をみれば分かります。これらの値は米国のものと比較して見ることが大切です。

Translation of "外国為替取引" in 外国 為替 取引 と は English

Foreign exchange transaction has rules to make settlement after 2 business days, and to extend the settlement date automatically when holding the position on next day 外国 為替 取引 と は or longer.

5 As for foreign exchange transactions, Continuous Linked Settlement (CLS) started its operation in 2002.外国 為替 取引 と は

This is most typical in foreign exchange transactions, 外国 為替 取引 と は although such risks have been reduced through the introduction of CLS.

As vigilance for counterparty risk is intensifying since the Lehman shock, this system has been functioning very effectively to ensure smooth foreign exchange transactions and settlements.

This Policy does not override the laws and regulations that apply to foreign exchange transactions 外国 為替 取引 と は and individual agreement with the Bank's customers.

One of the goals of these reforms has been the introduction of delivery versus payment (DVP) - a mechanism similar to PVP in the settlement of foreign exchange transactions that I explained earlier.

Now, since the CLS system links the fund settlement system of individual countries and carries out multiple currency settlements associated with foreign exchange transactions simultaneously, the settlement risk unique to foreign exchange transactions has been reduced.

This is a collection of agents of foreign exchange transactions of the market for the exchange of specified sums of currency of one country's currency for another at an agreed rate on 外国 為替 取引 と は the a certain date.

a business pertaining to foreign exchange transactions carried out by another business operator, letters 外国 為替 取引 と は of credit, or traveler's checks, or a business to carry out services necessary for the loan of funds directly necessary for import or export or any other international transactions, discounting of negotiable instruments, a debt guarantee, or the acceptance of negotiable instruments;

In recent years, central banks have taken multiple 外国 為替 取引 と は steps to enhance the stability and efficiency of the payment and settlement system, such as steps to minimize settlement risks emerging from time zone differences in foreign exchange transactions and enhancing payment and settlement system oversight.

a business of foreign exchange transactions, to carry out transactions promising a customer as the counterparty, the transfer of money calculated based on the difference between the value of currency agreed between the parties in advance and the actual value of currency at a certain time in the future and other similar transactions, or to accept a consignment or act as an introducing broker, intermediary, or agent for such transactions.

When the Minister of Finance 外国 為替 取引 と は 外国 為替 取引 と は finds it necessary in giving Banks, etc. an order pursuant to the preceding paragraph, he/she may order the Banks, etc. to suspend, in whole or in part, business pertaining to foreign exchange transactions or 外国 為替 取引 と は may restrict the content of the business of the Banks, etc. until measures set forth in the said paragraph are taken.

(ii) a business of foreign exchange transactions, to carry out transactions promising a customer as the counterparty, the transfer of money calculated based on the difference between the value 外国 為替 取引 と は of currency agreed between the parties in advance and the actual value of currency at a certain time in the future and other similar transactions, or to accept a consignment or act as an 外国 為替 取引 と は introducing broker, intermediary, or agent for such transactions.

商品先物取引とFX(くりっく365)のサンワード貿易株式会社

日本の円、米国のドル、イギリスのポンド、EU(欧州連合)のユーロなど異なる通貨を交換することを一般に、外国為替といいます。
このときの交換レート(=為替レート)は、市場における需要と供給で決まります。
また、外国為替には取引所がありません。世界中の銀行などが取引している銀行間(インターバンク)市場とは、24時間動いている電子ネットワーク上のマーケットです。
このような外国為替の仕組みを取り入れたものが、「外国為替証拠金取引」というものです。
外国為替は英語で「Foreign Exchange」ですが、外国為替に関係した人や外国人は「Forex」 と呼んでいました。
FXとはこの「Forex」に由来し、1998年の外為法改正で解禁され、個人でも取引が可能になった外国為替証拠金取引がいわゆる「FX取引」と呼ばれています。
個人投資家が外国為替市場に参加するには「FX取引」が最も手軽な方法です。少ない資金でレバレッジを効かせ、安い手数料で買いからも売りからも取引できます。

外国為替市場(対顧客市場)の参加者

外国為替市場とは?

外国為替市場といっても、東京証券取引所のような物理的な取引所で取引が行なわれているわけではありません。
外国為替取引は、主に電話やコンピューターなどの通信回線で形成されるネットワークを介して、外国為替銀行、為替ブローカー、中央銀行などを中心に、売り手と買い手が一対一(相対)の関係で、通貨、数量、価格などを決める取引が行なわれています。
一般的には金融機関のみが参加する市場である「インターバンク市場」のことを外国為替市場と呼びます。

外国為替市場とは?

グローバルな市場

外国為替(FX)は世界中で行なわれており、時間も価格もグローバルに連鎖する巨大なマーケットです。
各国の金融機関の営業時間中に最も活発に取引が行なわれており、1日の動きを追うと、ニュージーランドに始まり、日本などのアジア、中東、イギリスやドイツなどの欧州、最後にアメリカといったように、時差によって活況な時間帯が24時間途切れずリレーのように繋がっています。
取引が活発に行なわれている時間帯を「○○市場」と呼び、ニューヨーク市場、ロンドン市場、東京市場が三大市場と呼ばれています。
なお、外国為替市場は24時間眠らないマーケットではあるものの、各国の金融機関が休業する週末(土・日)や元旦などは、インターバンク市場に参加する金融機関が不在となるため、原則として取引は行なわれません。

グローバルな市場

外国為替取引は、「売り方」と「買い方」の当事者の間でレートや数量などの条件が合致すれば取引成立する「相対取引」です。
株式取引や商品先物取引の場合は、市場参加者全員が取引所に注文を出すことによって取引が成立する「取引所取引」であるため、同じ時間に取引される株価や商品価格は同じ値段となります。
一方で外国為替は世界中の多数の参加者が「相対取引」で取引を行なうために、「為替レート」は同一時間であっても複数存在することになります。
新聞やテレビなどで報道される「為替レート」は、報道機関に情報を提供している情報配信会社(ロイター通信・時事通信など)が複数の市場参加者から情報を入手し、その時点のおおまかな為替レートとして公開している参考値であり、その為替レートで取引できるという意味ではないのです。

相対取引

変動要因

買気配と売気配

買気配と売気配

テレビニュースでは「1ドル、102円10銭から12銭・・・」などと報道されます。
また、このサイトのマーケット情報でも米ドル/円を「買気配102.10円」「売気配102.12円」という具合に分けてご案内しています。
これらは1米ドルを102円10銭から12銭の間で買うことができるということではありません。
「買気配」とは「102円10銭というプライスならば米ドルを買ってもよい」というオーダーがあることを示し、「売気配」とは「102円12銭というプライスならば米ドルを売ってもよい」というオーダーがあることを示します。
FXは相対取引ですから(詳細は 4. 相対取引 をご覧下さい)、もしお客様が米ドルを買うとすれば売気配と相対して成立し、米ドルを売るとすれば買気配と相対して取引が成立します。
また、店頭形式FXでは買気配ののことをBid、売気配をAskと呼ぶ会社も多いようです。

スワップポイント

スワップポイントとは、異なる2通貨の売買によって発生する通貨間の金利差調整分のことをいいます。
高金利通貨を買って、低金利通貨を売った場合、2通貨間における金利差(スワップポイント)を得ることができます。
今、豪ドル円のレートが85円、豪ドル金利1.5%、日本円金利0.1%の時、高金利通貨である豪ドルを買って、低金利通貨である円を売った場合、 その金利差1.4%を受け取ることができます。(1万通貨あたり約33円/日、2016年12月現在 ※実際のスワップポイントは各社によって異なります)
但し、高金利通貨を売って、低金利通貨を買った場合はスワップポイントの支払いが生じますので、ご注意ください。

スワップポイント

注意 デイトレード(日計り取引)ではスワップポイントは発生しません。
原則として、NY時間の17時(日本時間 夏時間は朝6時、冬時間は朝7時)を跨いでポジションを持つと買いポジション、売りポジションに対してそれぞれ1日分のスワップポイントが発生します。
また、水曜日から木曜日に渡ってポジションを持った場合は、原則、3日分のスワップポイントが発生します。
スワップポイントは、各国中央銀行の金利政策や為替レートの変動などにより日々変動していますのでご注意ください。

FXの特長

1.小額から始められる

小額から始められる

2.買いと売り、どちらが先でもOK

例1)円安になる!と予想した場合は・・・

円安になる!と予想した場合

この場合は、「ドルを買って、円を売る」 新規の買い注文を入れます。
そして、USDJPY を100円50銭で1万通貨を買った後、予想通りに105円台まで円安になったので、105円50銭で売りました。
この人の損益は (105円50銭-100円50銭)×1万通貨=5万円の利益(手数料、スワップポイント等は考慮されていません)

例2)円高になる!と予想した場合は・・・

円高になる!と予想した場合

この場合は、「ドルを売って、円を買う」新規の売り注文を入れます。
そして、USDJPYを105円50銭で 1万通貨を売った後、予想通りに100円台まで円高になったので、100円50銭で買戻しました。
この人の損益は(105円50銭-100円50銭)×1万通貨=5万円の利益(手数料、スワップポイント等は考慮されていません)

3.分かりやすいのもFXの魅力

4.取引の決済期限がない

FXでは、決済期限ありません。 原則として一度取ったポジションをいつまでも持ち続けることができるということです。 外国為替市場(インターバンク市場)では、為替取引の資金決済を2営業日後に行う慣習になっています。 しかし、FXでは、毎日その決済日を翌日に先送りすることによって、ポジションを清算する時点で、取引口座内で損益を差金決済する仕組みになっています。
このポジションを翌営業日に持ち越すことをロールオーバーといいます。

5.ほぼ24時間取引可能

為替取引は基本的に常に世界中で行われています。
東京~ロンドン~ニューヨーク~シドニー~東京とメインの場所を変えながら 24時間取引が行われているわけです。 現在のFXは、大部分がインターネット経由で取引しますので、24時間リアルタイムに取引が可能になっています。
しかし、土日などの休日は取引が行われないため、日本時間月曜午前7時~ニューヨーク時間の金曜午後5時までが、取引可能時間となります。
これに比べて外貨預金では、毎日10時前に仲値が決められ、その日は1日そのレートで取引が行われます。 為替変動に柔軟に対応できることを考えると、大きな利点と言えます。

外国 為替 取引 と 外国 為替 取引 と は は

~10万円 ~30万円
97円 270円
~50万 ~100万円
270円 525円
~10万円 ~30万円
97円 270円
~50万 ~100万円
270円 525円
外国 為替 取引 と は
~10万円 ~30万円
108円 270円
~50万 ~100万円
486円 1,080円
外国 為替 取引 と は
~10万円 ~30万円
0円 300円
~50万 ~100万円
500円 1,000円
~10万円 ~30万円
95円 260円
~50万 ~100万円
260円 470円
~10万円 ~30万円
86円 194円
~50万 ~100万円
194円 367円

FX勝ち組を目指すならFXプライムbyGMOへ無料口座申込。FX初心者はもちろん、億を動かすトレーダー達は、なぜFXプライムbyGMOを選ぶのか?選ばれるには理由があります。
◆FXのプロ・経験者がFXプライムbyGMOで取引する理由
1.信頼の約定力・スキャルピングOK
2.高スワップの高金利通貨・バイナリーオプションあり
3.東証1部上場企業グループ・PC対応取引ツールが充実

通貨ペア数 取引単位
20通貨ペア 1000通貨
取引手数料 対応機種
無料(千通貨単位は30円) ブラウザ / Mac / iPhone / Android

2012年~2019年と8年連続で年間FX取引高世界第1位(※)を誇る大手ネット証券「GMOクリック証券」。 FX口座「FXネオ」は米ドル/日本円をはじめ主要通貨ペアのスプレッドコストがとにかく安い。
発注機能が搭載されている高機能チャートシステムや専用アプリなど取引ツールも充実。
これらは初めての方でも操作に迷わず使いやすいと評判。FX以外にも国内外の株式、株価指数、先物などあらゆるアセットに投資が可能。

通貨ペア数 取引単位
19種類 10,000通貨
取引手数料 対応機種
無料 ブラウザ / Mac 外国 為替 取引 と は / iPhone / Android
通貨ペア数 取引単位
27種類 5000通貨
取引手数料 対応機種
無料 ブラウザ / Mac / iPhone / Android
通貨ペア数 取引単位
24種類 1000通貨
取引手数料 対応機種
無料 ブラウザ / Mac / iPhone / Android

【免責事項】
※本特集に記載の内容は信頼できると考えられる情報源からの情報に基づいて作成していますが、その正確性や真実性、実現性などを保証するものではありません。 ※本特集に記載の内容は本特集作成時のものであり、予告なく変更されることがあります。 ※利用者は本特集より得た情報を、利用者ご自身の判断と責任において利用していただくものとします。 ※各商品の特色・リスク・手数料などの詳しい内容や個人情報の登録については、各社ホームページなどにて利用者ご自身がご確認ください。

はじめてでもわかる!為替の基本の「き」

「為替」という言葉が広まったのは江戸時代と言われています。「天下の台所」と呼ばれた大坂から江戸に商品を取り寄せるとき、その代金を直接江戸に運ぶには盗賊に遭うなどの危険が伴いました。そこで、考えられたのが「為替」という仕組みです。
現金を江戸に直接持ち運ばず、両替商に代金を渡して、支払いを約束した為替手形を発行してもらい、その手形を受取った大坂の商人が指定された両替商に持って行くことで、代金を受取ることができるようにしたのです。
このように、現金を直接使わずに支払いすることが為替という言葉の本来の意味となります。クレジットカードを使った支払いや銀行振込も為替の一種です。
また、国内の為替の取引を内国為替、外国との為替の取引を外国為替といいます。
今では「為替」というと、外国為替を指すことが一般的です。

円と交換する通貨はシーソーの関係

通貨の人気投票のことで、「円」を持つ方がよいと判断する人が多ければ「円」を買う人が増え、すると世の中に出回っている「円」が少なくなるので、他の通貨より円の価値が高くなる=円高となります。
円と交換する通貨はシーソーのような関係です。つまり、どちらかの通貨が高くなれば、もう一方の通貨は下がるということです。

逆に、円よりも他の通貨を持つ方がよいと判断する人が多ければ円を手放す人が増え、円の価値が下がる=円安となります。1米ドル115円だったものが120円になっていたら円安・ドル高です。以前は、115円出せば1米ドルに交換出来たのに、5円多く支払わないと手に入らなくなったので、円の価値が低くなったと考えます。

あらためて、円高・円安はどちらがおトク?

また、円高は投資でお金を増やす時もチャンスです。低金利が続く円預金では、ただ預けていてもお金はほとんど増えません。でも、外貨預金などで外国通貨を持っていれば、円安になった時にお金が増えることになります。

  • 購入時:(1米ドル110円×1万米ドル)=110万円
  • 売却時:(1米ドル115円×1万米ドル)=115万円
  • ※ 計算例では税金および手数料等は考慮していません。

外貨運用では、購入した時の為替レートよりも円安で売却すれば為替差益が得られます。逆に円高で売却すると為替差損により投資金額が目減りするリスクがあります。
どの通貨に投資するかですが、ニュースで為替の動きが把握しやすい米ドルから始めてみてもいいかもしれません。日本円と比べて金利が高いところも魅力です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる