FXブログ

FXを始める前にすべき3つの事前準備

FXを始める前にすべき3つの事前準備

「川の防災情報」ウェブサイトの地点登録機能

事業者が「オンライン決済」を導入するための5つの方法

経済産業省のデータにはない方法③の「ID決済系」ですが、 筆者の推測だと現在の利用率は5~10%程度 は普及していると思われます。もし、この方式が普及すれば ユーザーにとって大変利便性の高い決済方式 となりますが、Apple 、Google、Amazon、楽天、LINEなど多くの有力サービスが参入しているため、事業者から見れば、どの方式にするべきなのかイマイチわかりづらいデメリットがあります。またID決済の元祖は「PayPal」であり、世界では最も普及しているID決済です。

方法①利用者が最も多い!「クレジットカード決済系」

オンライン決済において日本で最も普及した決済方法であるため、オンライン決済を導入するなら基本はクレジットカード決済になります。そして、 この方式を導入する場合は、基本的には決済代行会社に依頼 することになります。

◆(1)リンク型(決済会社が用意したリンクを貼る方法)

決済代行会社が用意するURLを、自社のホームページやメールマガジンに貼り付けて、クレジットカード決済を行います。ユーザーはリンク先の決済代行会社の画面で、カード番号を入力する仕組みです。この方式のデメリットは、 URLが自社ホームページから決済代行会社に移動するため、離脱率がどうしても高くなり ます。

しかし、ネットショップではなくInstagramやメールで決済を行いたい場合は、ホームページの離脱率を気にする必要がないのでリンク型は手軽に導入できるサービスとなります。リンク型のクレジットカード決済については下記のSquare(スクエア)のオンラインチェックアウトを参考にしてみてください。

◆(2)トークン型、API型(自社ホームページのフォームを改修する方法)

自社のホームページの入力フォームに決済代行会社が用意したモジュールをカスタマイズして組み込みます。メリットは、URLや画面が変わらないので離脱率が低くなります。 デメリットは費用と時間がかかることです。

クレジットカード決済を導入するためには、基本的に決済代行会社に申し込む必要がありますので、下記に代表的な決済代行会社を紹介します。なお、決済代行会社は大手からスタートアップまで、何十社とありますが、特別な理由がない限り 信用力の高い大手企業にサービスを申し込むべき でしょう。

なぜなら大手企業の方が、 資金調達力があり、その結果が決済手数料やサポート力に反映される からです。ここではそういった会社のみを紹介いたします。また決済代行会社によって得意分野がことなりますので、ここでは大手企業向けと小規模事業者向けに分けて紹介いたします。

◆大手企業向けの大手決済代行会社
・GMOペイメントゲートウェイ
・ペイジェント
・DGフィナンシャルテクノロジー(旧:ベリトランス)
・ソニーペイメント
・ソフトバンクペイメントサービス

◆小規模企業向けの大手決済代行会社 FXを始める前にすべき3つの事前準備
・GMOイプシロン
・ゼウス
・ヤマトフィナンシャル

いずれの決済代行会社でも、オンラインのクレジットカード決済には 初期費用や月額利用料を用意する必要があるため、個人事業主や小規模事業者にとってはコストがかかるのがデメリットです。導入費用は10万円程度かかるケースが多いようです。

ですから、実店舗ビジネスの事業者が遠方のリピーターであったり、期間限定でクレジットカード決済(オンライン決済)を導入する場合は、決済代行会社に依頼すると初期費用がかかり躊躇してしまいますが、Square(スクエア)なら URLを自分でサイトやSNS、メールに貼り付けて作業 すれば初期費用や月額利用料が一切かかりません(決済手数料のみ)ので、検討してみてはいかがでしょうか?

方法②金融系サービスで利用が多い「銀行決済系」

(1)ネットバンキング
(2)PayPalやLINE Payのアカウントと紐づけて利用するサービス

まずネットバンキングですが、インターネット経由で直接口座にログインして、自分の口座から入金を行うタイプであり、主に金融系のサービスで良く利用されております。例えば証券会社やFX、先物取引などです。日本国内の金融系サービスでは、日本国内では為替取引にあたる行為に関してクレジットカード決済を利用することができません。

金融取引ではリアルタイム性が強く求められます。 例えばレバレッジを掛けている銘柄の相場が著しく下がっている場合、ロスカットされる可能性があり、ロスカットされれば強制的に銘柄を手放すことになりますので、ロスカットさせないように保証金を多く積む必要があります。そういったシチュエーションにネットバンキングはよく利用されます。また、ネットバンキングは募金でもよく利用される決済手段です。

こういった利用シーンから考えると、ネットバンキングは投資や募金を行うのには ある程度収入があるユーザーとネットバンキングが相性が良く、 特に30代以上の男性ユーザーが多いことが推察できます。

もうひとつは、PayPalやLINE Payのアカウントに「銀行口座」を連携させる方法ですが、この方法は クレジットカードを持っていない層 が、ECサイトで買い物をしたい時に、一般のECサイトには「ネットバンキング」が用意されていないことが多く、PayPalやLINE Payに銀行口座を連携してECサイトで利用する需要があると見込まれます。

方法③「キャリア決済」は若年層や女性に向いている!

◆正式名称
Docomo ・・「ドコモ払い」
au FXを始める前にすべき3つの事前準備 ・・「auかんたん決済」
Softbank・・「ソフトバンクまとめて支払い」

いずれの方法も、 サイトの支払い画面でキャリア決済(Docomo、au、SoftBank)を選択し、IDとパスワードを入力するだけ で決済できる仕組みです。ユーザーにとっても毎月の携帯電話の支払いと合算できるので、非常にスムーズです。

特に クレジットカードを持っていない方が少ない若年層に支持されている決済手段 で総務省の調査結果では 11.5%のユーザー が利用しています。一定の利用層がいるため、事業者としては無視できませんので、幅広い世代がターゲットの事業者は必ず導入すべき決済方法なのです。

キャリア決済のデメリットは、ユーザーが1カ月の間で使える利用限度額が決まっていることです。

その限度額を超えて決済をすることができません。ですから残りの利用金額の少ない月末よりも、月初にキャリア決済が利用されることが多い傾向があります。そして、限度額があるため 値段の高いサービスや商品には利用しにくい面があることや 、ガラケー対応しているのはDocomoだけですので、この点も頭に入れておきましょう。

方法④スマホと親和性の高い「ID決済系」は今後の普及次第で導入検討すべき

まず、ApplePayとGooglePayは店舗の非接触ICカード端末(Suica等の電子マネー)にかざして決済を行う、リアルの決済方法として普及しておりますが、 オンライン決済としても使うこと ができます。

その仕組みは、スマホユーザーが登録しているApple IDやGoogleIDには、クレジットカード番号が紐づいているので、IDとパスワードの入力だけで決済が行えます。また、指紋認証付きのスマホでは 指紋認証でも決済が行えるため、入力の手間がなく便利 です。

Apple、Google、Amazon、楽天、LINEなどの誰でも持っているアカウントを利用して決済ができるので、小規模事業者のサイトに導入すれば、ユーザーは クレジットカード番号をサイトに入力する不安感がなく、安心して決済することができるメリット があります。

しかし、これらの決済手段は、非常に安全で手間がかからない反面、オンライン決済としてはまだ、十分に普及していない点と、有名どころのサービスが乱立しており、事業者もどのサービスを導入すれば良いのか?決め手に欠く印象です。

◆ID決済の事業者一覧

そのため、 自社のターゲット層や、実店舗の決済方法も考慮して導入すべき です。例えば、30~40代の男性がメインのターゲット層であればAmazon Payを検討し、ターゲットが主婦の方が多ければ、近いユーザー層の楽天ペイを検討するなど、ターゲットを意識して、導入するID決済を検討します。

また、実店舗の決済方法に「非接触ICカード端末(Suicaなどの電子マネー決済)」の導入をあわせて検討するなら、Apple PayやGoogle Payを導入し、リアルとオンラインの両方を統一した決済を導入する方法もあります。

Amazon PayとPayPal以外は、リアルの決済方法もあるため、店舗を持っている方は、これらの 電子マネー決済やQRコード決済を導入し、ついでにオンライン決済も導入すれば、手間やコストも抑える ことができます。ちなみにApple PayとGooglePayの導入は、決済代行会社に相談する必要があるため初期費用がかかります。

そして 越境ECなど、海外のユーザーがターゲットの事業者の場合は、PayPalを導入するのは必須 となります。なぜなら海外ではPayPalは圧倒的のシェアを握っているからです。少し古いデータですが下記の図をご覧ください。

◆世界TOP100万のWEBサイトに導入されている決済サービスシェアの図(2015年)

方法⑤普及率が急上昇!楽天EdyやモバイルSuicaの「電子マネー決済」

オンライン決済の手法で昨今、 急激に利用率を高めているのが電子マネー決済 です。まず、モバイルSuicaの電子マネー決済の利用方法を解説しますが、以下のとおりになっております。 スマートフォンで、モバイルSuicaアプリが導入されていることが前提 となります。

◆モバイルSuicaでネット決済の利用方法

①ECサイトの決済画面で「モバイルSuica」を選択
②決済画面でメールアドレスを入力して送信
③モバイルSuicaから「ネット決済受付メール」を受信、スマホでURLをクリック
④モバイルSuicaアプリが起動、支払い内容を確認して決済

電子マネー決済が伸びている前提としては、クレジットカードを持っていない若い層を中心に支持されており、また、モバイルSuicaアプリの普及に伴い、普及率が伸びてきているのが要因だと思われます。

超初心者向け不動産投資!始めるための準備を1から説明します

超初心者向け不動産投資!始めるための準備を1から説明します

また、不動産投資の特徴としては、実際にアパートやマンションなどの不動産の現物を取得し、運用していくという点が挙げられます。株やFXなどの投資方法では、現物を自分で所有して実際に運用していくというよりも、あくまで売却する際のキャピタルゲインを得ることがメインです。もちろん配当を目当てに株を保有するというインカムゲインを目指す方法もありますが、あくまで投資として利益を得るには、不動産投資であればインカムゲイン、株やFXなどであればキャピタルゲインを目指すという方法が主流となっています。

不動産投資のメリット

不動産投資では、入居者を確保できていれば、毎月安定的に家賃収入が得られるというのが大きなメリットです。入居者と賃貸借契約を結ぶ場合には、基本的に1年~2年の期間で更新していくというパターンが多いため、長期的に家賃収入を得ることができます。また、うまく不動産を経営できている場合、銀行の定期預金などに比べると数倍~数十倍もの利回りを狙うことも可能です。需要の高い地域であれば家賃を高く設定することもできますし、入居希望者の数も期待できるでしょう。

そして、不動産投資には大きな節税効果もあります。不動産投資においては管理費や修繕費などの費用がさまざま発生しますので、これらの費用をしっかり経費として計上することで、不動産の所得を抑えることができます。このほか、不動産所得が赤字になった場合にはほかの給与所得などと損益通算して相殺することができ、その結果として所得税や住民税も抑えられます。また相続においても、現金をそのまま相続するよりも、不動産として相続したほうが相続税を低く抑えられるケースが多いという点でもメリットがあります。

不動産投資のデメリット・リスク

まず不動産投資のデメリットとして挙げられるのは、不動産の価格が高いため、イニシャルコストが高くなるという点です。ローンを利用すれば少ない資金を元手に高価な不動産を購入することは可能になりますが、それでも一定の自己資金が必要になります。

また、不動産投資で実際に不動産を運用するにあたっては、入居者関連のリスクもあります。たとえば入居者が退去した場合、次に誰かが入居してきてくれるまで、その部屋からの家賃収入がゼロになってしまうという空室リスクです。空室を埋めるためにリフォームを試みる、広告を出すというような空室対策をとらなければなかなか空室が埋まってくれないことも考えられます。

また、保証会社を利用することである程度家賃滞納のリスクを抑えることは可能ではあるものの、入居者が何らかの理由で家賃を支払ってくれないという、いわゆる家賃滞納のリスクもあります。

このほか、不動産を売ってキャピタルゲインを得たいと考えても、不動産は売りたいとき簡単に売れないことがある点も、気を付けたい不動産投資のデメリットです。これを専門的には「流動性が低い」と言いますが、売りたくても売れずに保有している間にその不動産の資産価値が低下してしまうというリスクです。

同様に、経年により資産価値が低下し、家賃も下げざるを得なくなり、家賃収入が低下してしまうという老朽化リスクなどもあります。他の不動産投資に関するリスクについて詳しく解説した記事や、不動産投資に失敗してしまったというケースを紹介している記事もご用意しておりますので、ご一読いただき、今後の不動産投資に役立ていただければと思います。

河川の氾濫や高潮など、
水害からあなたの地域を守る、「水防」

水防のシンボルマーク

【水防シンボルマーク】

水防シンボルマークは、水防月間制定 FXを始める前にすべき3つの事前準備
20周年記念として公募・決定し、
水防活動の広報等に使用しています。

インデックス

こちらもどうぞ!

政府インターネットテレビ

1.水害はどのくらい起きているの?

図:平成23年~令和2年の水害(河川)の発生件数

平成23年から令和2年までの水害(河川)の発生件数の分布図。日本地図の大部分が、「過去10年に水害が10回以上発生した市町村」の色(赤)になっている。

<近年の水害の被害事例>

・令和3年8月11日からの大雨
令和3年8月11日からの大雨により、西日本から東日本の広い範囲で大雨となり、総雨量が多いところで1,400mmを超える記録的な大雨となりました。国管理の六角川水系六角川、江の川水系江の川等をはじめ、都道府県管理河川を合わせて29水系88河川で氾濫等の被害が発生しました。

六角川の氾濫により、水田に浸水が広がっている

江の川の氾濫により、周囲一帯が浸水している

・令和2年7月豪雨
令和2年7月豪雨により各地で大雨となり、総降水量は長野県や高知県の多い所で2,000mmを超えたところがあり、九州南部、九州北部、東海、及び東北の多くの地点で、24、48、72時間降水量が観測史上1位の値を超えました。国が管理する7水系10河川、県が管理する58水系193河川で決壊等による氾濫が発生しました(国が管理する1河川2箇所、県が管理する3河川3箇所で堤防が決壊)。

球磨川の氾濫により、周囲一帯が浸水している

最上川の氾濫により、周囲一帯が浸水している

・令和元年東日本台風
令和元年東日本台風により、これまでに経験したことのないような記録的な大雨となり、総雨量は、神奈川県で1,000mmを超えたほか、静岡県では700mm、埼玉県、東京都、宮城県で600mmを超えました。河川の氾濫、土砂災害の発生等、被害は関東甲信地方、東北地方を中心に広範囲に及びました。

千曲川の氾濫により、市街地一帯に浸水が広がっている

阿武隈川の氾濫により、市街地一帯に浸水が広がっている

・平成30年7月豪雨
平成30年7月豪雨により西日本を中心に全国的に広い範囲で記録的な大雨となり、6月28日~7月8日までの総雨量が四国地方で1,800mm、東海地方で1,200mm、九州北部地方900mm、近畿地方で600mm、中国地方で500mmを超えました。西日本を中心に、広範囲に及ぶ河川の氾濫、がけ崩れ等が発生しました。

小田川の氾濫により、市街地に浸水が広がっている

肱川の氾濫により市街地に川の水が流れ込んでいる

2.地域を守る「水防活動」とは?

水防の文字が中心にあり、その周りを、自助、共助、公助の文字が囲んでいる

こうした水害による被害を防ぐためには、どうしたらよいのでしょうか。
国や地方自治体など行政としても河川改修や治水施設の整備など、様々な取組を行っていますが、すべての施設が完成するまでには、莫大な費用と長い年月が必要になります。
いつまた起こるかわからない台風や大雨、それらによる水害の被害を最小限に抑えるためには、自分自身や自分の家族を守る個人の取組だけでなく、地域コミュニティなどによる地域を守る取組も重要になります。
行政の取組である「公助」、個人の取組みである「自助」、そして地域コミュニティなどの取組みである「共助」の連携が、水害対策に大切なのです。

堤防の破損箇所をパトロールしている2人の水防団員

土嚢を積む作業をしている2人の水防団員

水防(消防)団に参加しませんか!

作業服とヘルメットを着用した2人の水防団員

近年は、団員の数が減少し、団員の高齢化も進んでいることから、水防活動を充実させるために、新たな団員の参加が求められています。
また、民間企業や自治会、ボランティア団体等が水防(消防)団の活動を支援する水防協力団体制度もあります。(国土交通省「水防協力団体」)
水防は、地域に住む一人一人が力を合わせてこそ成り立つものです。地域の皆さんのご協力をお願いします。 FXを始める前にすべき3つの事前準備
水防(消防)団への入団について詳しく知りたい方は、お住まいの市町村にお問い合わせください。

3.家庭ではどんな備えが必要?

(1)「水害ハザードマップ」で家や地域の水害リスクを知る

まず、自分が住む家やその周辺にどのような水害のリスクがあるかを知ることが必要です。そのために活用したいのが、自治体が提供する「水害ハザードマップ」です。
水害ハザードマップは、想定される最大規模の降雨や高潮による浸水範囲・深さに加え、避難所などの避難の確保を図るために必要な事項を地図上に記載したものです。水害ハザードマップを見ることで、自宅や自宅周辺にどの程度の浸水の危険があるかを知ることができますので、その情報を踏まえて自宅でどのような備えが必要かを考えましょう。
河川や海岸に近い地域や、くぼ地などに住む人はもとより、高台にお住まいの人も必ず水害ハザードマップを確認しておきましょう。河川の氾濫や高潮の被害を受けにくい高台であっても、その地域の排水設備の機能を上回る降水量には対応できなくなります。特に、激しい集中豪雨などの際は、排水構などから雨水があふれて周辺に浸水を引き起こしたり、地下室や地下駐車場が水没したりすることがあります。

ハザードマップの例

(2)避難場所、避難経路を事前に確認する

ハザードマップをテーブルの上に広げて話し合っている4人家族

(3)非常時の持ち出し品を事前に準備する

非常用持ち出し品チェックシート(例)

非常用持ち出し品チェックシート
※は状況によって調節しましょう。

□ 食料品 飲料水、乾パンやクラッカー、レトルト食品、缶詰
※粉ミルク、ほ乳びん
□ 医薬品 救急医薬品、常備薬、マスク、生理用品
※紙おむつ
□ 貴重品・お金 現金、預金通帳、印鑑、健康保険証、身分証明書
□ 衣類 下着、タオル、寝袋、雨具、軍手、靴
□ 日用品 ナイフ、缶切り、鍋、水筒、懐中電灯、ラジオ、電池、ロープ、マッチやライター、使い捨てのカイロ、ティッシュペーパー、筆記用具、ゴミ袋
□ その他 防災ずきんやヘルメット
※予備のメガネ

(4)家族が離れているときの安全確認の方法を決めておく

4.水害のおそれがあるとき、避難の注意点は?

河川の氾濫や土砂災害などは一気に起こることがあるため、避難が遅れると命にかかわります。風雨が激しくなったり、日が暮れて暗くなったりしてからでは移動が困難になりますので、特に高齢者や子どものいる家庭は、早い段階から避難することが重要です。
早めの避難行動をとるために、大雨や台風などが接近しているときは、気象情報や、付近を流れる河川の水位や雨量の情報などに注意しましょう。災害発生のおそれがあるときは、気象庁から洪水注意報や洪水警報などの情報が発表されます。また、避難が必要なときには、市町村から避難指示等が発令されます。それらの情報は広報車や防災無線などで伝えられますが、地域によって異なることがあります。また、広報車などがアナウンスしても激しい風雨の音に紛れてよく聞き取れなかったという例があります。日頃から、お住まいの地域での避難指示等の伝え方も確認しておくことをお奨めします。
これらの情報に注意して、状況が安全なうちに早めに避難するようにしましょう。

(1)気象情報や河川情報などに注意する

・国土交通省「川の防災情報」ウェブサイト
「川の防災情報」は、大雨などの際に、雨や川の水位の状況などを、インターネットを通じてリアルタイムに配信し、避難判断等に必要な情報を入手できるウェブサイトです。地点登録機能を使って、自宅や職場などの場所や確認が必要な観測所などをあらかじめ登録しておきましょう。

国土交通省の「川の防災情報」ウェブサイトの画面


「川の防災情報」ウェブサイトの地点登録機能

国土交通省の「川の防災情報」ウェブサイトのQRコード

テレビの気象情報を見て、家族に向かって避難について話している男性

(2)自治体から避難指示等が発令されたら早めに避難

その地域または土地、建物などに災害が発生する危険性がある場合には、市町村から避難指示等が発令されます。避難指示等が発令されたら、できるだけ早めに避難を始めるようにしましょう。
避難指示等が発令されていなくても、危険が迫っていると判断される場合は早めに安全な場所に避難してください。
国が管理する河川(109水系)で氾濫の危険が迫っていたり、氾濫が発生したりしたときは、携帯電話の緊急速報メールを活用した洪水情報が配信されます(コラム2参照)。洪水情報の緊急速報メールが届いたときは、市町村のウェブサイトや防災アプリ、テレビなどで、市町村から発令される避難指示等の情報を確認し、適切な防災行動をとってください。

(3)避難行動は浸水前に

冠水した道路を歩くことは、水深が浅くてもふたの外れたマンホールや側溝などが見えなくなるため非常に危険ですので、避難場所への移動は浸水が始まる前に行うことが基本です。避難指示等が発令されたり、発令前でも危険が高まったと判断されたりしたら、ためらわず避難を始めましょう。
予想される浸水が浅い地域に住んでいる場合や既に浸水が始まっているなど移動するのに危険な状況になってしまった場合は、状況に応じて自宅や近所のビルなど堅牢な建物の2階以上に避難しましょう。
台風や豪雨の際は、水害に加えて地すべりや土砂崩れ、土石流などの土砂災害も起きやすくなります。お住まいや移動経路が急斜面やがけのそばにある場合は、土砂災害にもご注意ください。土砂災害から身を守るポイントや前兆現象などについては、下記のウェブページで紹介しています。

ファンダメンタルズ分析とは?意味ない?やり方や情報源、見方を分かりやすく解説

異なる手法を扱うことで、相場を読む精度が上がり、勝率を高められます。
例えば、ファンダメンタルズ分析の結果が「買い」の方向を示し、テクニカル分析でも「買い」の指標が出ている場合、確度の高い判断となるので積極的な勝負ができます。
逆にテクニカル分析では「買い」なのに、ファンダメンタルズ分析では「売り」を示しているようなら、方向性が異なります。
その場合、売買を控えて様子見したり、いつもより投資金額を減らすなどの対応ができるでしょう。

テクニカル分析では対応できない部分をカバー出来る

テクニカル分析は過去のチャートから値動きを予測するので、突発的な出来事には無防備です。
リーマンショックのような大きな経済事件が発生すると、ほぼ機能しなくなってしまいます。
そこまで行かなくても、金融政策や金利が変わった時、ファンダメンタルズ分析ならその影響を判断できます。

相場に影響を与える事件は、突然やってくるものばかりではありません。
経済指標や要人の会見などは、あらかじめ日程が発表されています。
また、その内容がある程度予測されていることも多いものです。

すると結果は「答え合わせ」のようになるため、あらかじめどのような対応を取ればいいかも、考えて準備する余裕が生まれます。
そのような対応は、テクニカル分析だけでは不可能でしょう。

通貨によってはテクニカル分析の精度が下がる

どのような通貨ペアでもテクニカル分析は可能ですが、実際は通貨ペアによって値動きに特長があります。

しかし政治や経済の安定性が低く、流動性も低い国の通貨が絡む通貨ペアでは、値動きが乱れがちです。
例えばトルコリラや南アフリカランドなどですが、こうした通貨ではテクニカル分析をしても結果が当てはまりにくく、勝率を落としてしまいます。
また国内が安定しない国ほど、首脳の発言次第で情勢が大きく変わることもあるでしょう。こうした場面では、なおさらファンダメンタルズ分析が重要です。

FXで注目するべきファンダメンタルズ一覧とその見方

ファンダメンタルズ分析では社会の様々なニュースや事件を追いかける必要があります。
中でも定期的に発表され、値動きに大きな影響を与えるイベントをチェックするのは効果の高い方法です。
特にチェックすべきは、各国の政府や省庁、中央銀行などが発表する経済指標でしょう。

経済指標はその国の経済状況を数値化したもので、今後の行方を見る上で欠かせない統計データです。
具体的には、「雇用統計」「GDP速報」「消費者物価指数(CPI)」「小売売上高」や、「国際収支」「国債格付」などが該当します。

また、経済指標はファンダメンタルズ分析に関わるデータの中でも、提供されるタイミングが早いとされています。
すぐに相場に反映されることが多いため、他のトレーダーに遅れを取ると損失に繋がりかねません。

なお、経済指標の発表前後は相場が大きな値動きをすることも多く、時には乱高下を伴うので、巻き込まれないように注意しましょう。
内容のチェック以前に、いつその発表があるかを押さえておくだけでも有意義です。

アメリカの統計をチェックしよう

経済指標は世界中の様々な機関から発表されますが、全てを確認するのは非現実的です。
特に初心者は情報量が多すぎると混乱するので、重要なものに絞りましょう。
そこで知っておきたいのが、アメリカの重要な指標です。

もちろん売買している通貨ペアに関係する国の指標が第一ですが、直接的に関係なくても、アメリカの経済が世界に与える影響は無視できません。
ドルを基軸とした通貨ペアを扱っているなら尚更です。
ドル/円で言えば、最も重要とされる雇用統計の内容によっては、数分間で1円以上の値動きが発生することもありえます。

米雇用統計

アメリカの雇用統計は、重要中の重要情報です。
発表されるのは、毎月の第1金曜日(第2金曜日の場合もあり)、日本時間の21時30分(冬時間中は22時30分、以下同様)。
その直後、市場は眼を見張るような反応を見せます。

雇用統計は、国内の雇用に関する各種の情報です。
アメリカでは特に「非農業部門雇用者数」と「失業率」がどのように変化しているかが注目されます。
非農業部門雇用者数は金融政策への影響が大きく、失業率は景気の状態を直接的に示すからです。

米消費者物価指数(CPI)

消費者物価指数はインフレ率を示し、金融政策の判断材料にも使われます。
発表は毎月15日前後。

アメリカの金融政策は、雇用と物価の安定を目指しているので、物価指数は雇用統計と並ぶ重要指標です。
物価の下落はインフレ率の低下を意味し、金利の利下げから、米ドル安に繋がります。
逆に物価が上昇しているとインフレ傾向になるので、利上げからの米ドル高が予測されるでしょう。

米小売売上高

物価指数が商品やサービスの単価を示すのに対し、小売売上高はそれらの結果、どの程度の消費活動が生まれたかを示します。
アメリカではGDPの約7割を個人消費が占めているので、小売売上高と景気とは密接な関係です。
消費の大小は、そのまま経済の活況度を表します。
以前よりも消費が落ちていれば景気が悪化したと判断されますし、消費が伸びているなら、景気が良くなっていると見られるでしょう。

米GDP速報(国内総生産)

GDPは、ある期間に国内で産出された付加価値の総額です。
伸び率がプラスなら経済は上向き、マイナスなら下向きとなり、市場心理に大きな影響を与えます。

中でも注目度が大きいのは「速報値」です。
速報値は一定のデータに基づく統計で、正確な結果ではなく予測に過ぎませんが、確報値から大きく離れることはあまりありません。
精度としては十分なので、多くのトレーダーが活用しています。

金融政策・金利

金融政策とは、国内の経済を支えるために各国の中央銀行が決定する、金融の緩和や引き締めなどを指します。
その目的は、お金の流れや流通量を調整し、景気を上向きにさせたり物価を安定させたりすることです。
手段としては金利の上げ下げや国債の買い上げ、民間銀行が中央銀行に預ける準備預金制度の準備率変更などが使われます。

金利の上げ下げとその評価

金融政策の中でも重要なのが金利です。
例えば日本では「異次元の緩和政策」と称し、日銀が2013年以降、過去最低レベルの低金利政策を続けています。
これにより余剰資金を市場に流しやすくし、景気の向上を目指しているのです。

また、政策金利は中央銀行が一般の銀行に資金を貸し出す金利なので、最終的に住宅ローンなどの金利に反映されます。
金利が下がるとお金を借りやすくなり経済に好影響が生まれるため、景気の悪い時に採用される政策です。
逆に経済が加熱してインフレが生じた場合は利上げを行い、市場から資金を引き揚げます。
このことから、金利が下がるのは景気が悪い証拠、金利が上がるのは景気が良い証拠と言われるのです。

ただ、金利が上昇した国の通貨は買われる傾向にはなりますが、必ずそうなるとは言い切れません。
上昇幅が事前の予想よりも小さいと市場に歓迎されず、マイナス評価されることもあるからです。
また、景気の底上げを狙った利下げが将来へのプラス材料とされ、高評価を得ることもあります。

政策金利が変わるタイミング

金利の変更は多方面に大きな影響を与えますが、その効果が市場に反映されるまでには一定期間がかかります。
統計を取って検討するための時間も必要ですから、一回決められた政策金利は長期に渡って維持されるのが通常です。

それもあって、金利変更のニュースは大きなトピックスとして市場に受け取られます。
ただし実際に変更される場合、混乱を避ける意味もあり、その前に中央銀行からある程度の情報が出てくることも珍しくありません。
そのため発表前から市場に動きが見られることもあります。

日米欧の金融政策

・日本(日銀金融政策決定会合)
米ドル/円やユーロ/円など円を絡めた通貨ペアを対象にしている人は、当然自国でもある日本の状況を把握しておく必要があります。

・米国(FOMC)
アメリカで金融政策の決定を担うのがFOMC(Federal Open Market Committee・連邦公開市場委員会)です。
日本と同じく年8回の開催で、景気に対する判断や政策金利の決定が行われます。

・欧州(ECB理事会)
ユーロ圏での金融政策を担うのが、ドイツのフランクフルトで毎月2回開かれる、欧州中央銀行(ECB)の理事会です。
日銀の金融政策決定会合やFOMCとは異なり、内部の定例的な会合のため、議事録などは公表されません。
ただし理事会後に総裁の記者会見があり、そこでの内容が多くのトレーダーに注目されます。

中央銀行が行う金融政策に対し、財政政策は政府が行う投資政策です。
主に公共事業や規制緩和などで実現され、景気が悪い時には積極的な財政出動で経済の浮揚を狙い、経済が過熱している場合は財政支出を控えて沈静化を図ります。
必要なお金の流通を担う金融政策とは裏表のような関係と言えるでしょう。

例えば近年の日本で実施された「アベノミクス」では、「大胆な金融政策」と「機動的な財政出動」が第一・第二の矢とされました。
財政政策として大規模な公共インフラへの投資や、民間投資を促す規制緩和などが進められると、その国の通貨へのプラス材料となります。

要人の発言

ファンダメンタルズ分析では、各国の要人の発言も重視されます。
ここで言う要人とは大統領や首相、財政担当大臣、あるいは中央銀行の幹部など金融政策や財政政策に関与する人たちです。
これらの要人の発言は、その形がどうであれ、国の実態や方針を現すものとして捉えられます。

経済に前向きなコメントがあれば、その後の景気が好調に向かうと推測され、通貨への信頼度が高まるでしょう。
逆にネガティブな発言であれば、悲観的な推測が生まれます。
例えば「物価が高くなっている懸念がある」という内容が流れれば、インフレの示唆と受け止められ、利上げの観測が広がるということです

地政学的リスク

地政学的リスクとは、国や地域におけるトラブルや衝突などのネガティブ要因です。
普段から領土問題や内政の問題を抱えている場合、政治や経済が不安定となり、通貨の信用度を落とします。
こうした状況は地理的な条件が大きく関係することから、地政学と呼ばれる研究が発達したのが、呼び名の元です。

近接するエリアで政治や軍事に伴う緊張が高まると、その影響は経済面にも波及します。
実際に紛争やテロが発生すると、通貨の価格が短期間で変動することもあるので、ニュースには敏感にならざるを得ません。

なお、アメリカが直接的に絡まない国や地域で地政学的リスクが発生した場合にセオリーとなるのが、「有事のドル買い」です。
これはリスクを抱えた通貨を手放し、安定した基軸通貨であるドルに逃げる動きを指しています。

先ほど中東におけるリスクとしても紹介しましたが、原油価格もFXにおいては軽視できない要素です。
脱化石燃料が進んでいるものの、エネルギーの基幹としての石油は、多くの国の産業にとってまだまだ欠かせません。
そして石油の元となる原油は、基本的にドルで決済されるのが国際的な標準です。

例えば、紛争が起きて原油の供給に不安が出ると、原油の需要が高まり価格が高騰します。
その高くなった原油を買うためドルが使われるので、相対的にドル安が進む可能性が高まるのです。
逆に原油が余って先物で売られるようになると、ドル高が進む可能性が高まります。

原油価格の変化は、単にドルへの影響だけでは留まりません。
日本のように石油に対する依存が強い国では、原油価格の上昇は産業界にダイレクトに悪影響を与え、通貨安を招きます。
一方、紛争地域以外の産油国にとって、この状況は追い風です。
例えばカナダは世界第五位の産油国であるため、カナダドルが上がる要因になるでしょう。

さらに原油高騰によりインフレが発生した国が金利を上げて対応すると、スワップポイントの変化に繋がります。

財務諸表や業績の調査は不要

財務諸表は決算書のことで、売上高・営業利益・経常利益・純利益などが含まれます。
これらの内容は株価に大きな影響を与えるので、株式取引においては決して無視のできない情報です。

国際間の通貨売買を行うFXでは、こうした個々の企業の情報は、基本的に分析の必要性はありません。
政府や中央銀行が発表する各種統計などが、言わば国の財務諸表になるからです。
ただし世界的に影響を与える規模の企業や、その国を代表するような企業については、業績の確認をしておくと万全でしょう。

【事業再構築補助金】採択後の手続きで迷わない_交付申請前に押さえておくべき3つのポイント

【事業再構築補助金】採択後の手続きで迷わない_交付申請前に押さえておくべき3つのポイント

ダウンロードした【交付申請書別紙_Rxxxxxxx】のエクセルファイルは、電子申請する際には【交付申請書別紙 1 _Rxxxxxxx】と「1」を付けた名称にするよう電子申請マニュアルに記載されていますが、特段変更しなくとも問題ありません。「1」を付ける理由ですが、技術導入費・専門家経費・クラウドサービス利用費・外注費・知的財産権等関連経費を計上する場合においては、別途【交付申請書別紙2】という書類を提出する必要があるのですが、別紙2という書類もあるので同じく「1」についても付けて欲しいといった意味だと思います。しかし実際、別紙2を付ける場合においても、1とは全く異なる書類ですから、特段符号を打たずとも事務局のほうで把握可能。不備扱いにはならないようです(僕が支援してきた実績より)。ここはあまり深く考えなくとも大丈夫かと思います。

また、交付決定後の補助事業期間が全て終了したら 最後には事業完了報告書の作成も必要 になりますので、 FXを始める前にすべき3つの事前準備 03には事業完了報告書というフォルダも先に作っておきましょう 。なお、99は事業再構築補助金のホームページからダウンロードできる補助事業の手引きや各種参考ファイルを収納しておくと良いですね。

99に収納しておく各種ファイルは採択事業者向け資料からダウンロード

採択事業者向け資料からダウンロードできるのは 「補助事業の手引き」 、 「様式集(ZIP)」 FXを始める前にすべき3つの事前準備 、 「参考様式集(ZIP)」 、「交付規定」、 「よくある交付申請時の不備」 、 「J-Grants入力ガイド」 、「実績報告書作成マニュアル」となっています。
全てダウンロードしておくのがベストですが、最低限 黄色下線 をのファイルはダウンロードしておくのがベターだと思います。

交付申請時に添付するフォルダ名称は受付Noを記載

黄色のフォルダは各種添付書類を格納するフォルダとなります。この フォルダの名称は各事業者ごとに割り当てられたRから始まる受付番号 とするルールになっていますので、交付申請書別紙ファイルの後半に記載されている番号で名称を付け、中身は空でも良いので先ずはこのフォルダを作成しましょう。
※最終的にはこのフォルダはZIPファイルに凍結してJ-Grantsにアップすることになります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる