外為オプションとは

投資ストラテジーについて話せます

投資ストラテジーについて話せます
MC
わかります。レギュレーターが“2030年30%とか2050年ゼロ”とかいうと、それにあわせて計画をたてます。でもその計画が非現実的だったり、大きな投資をし始めてから途中でレギュレーターの目標が変更されてしまったら問題がありますし、石炭のケースもみんなが“価値はゼロだ”と言っていても、そのターゲットが変わればゼロじゃないかもしれない、投資家としてはそういったことを見抜いていかなければならないから、単に“気候変動に対応しているからいいよね”というシンプルな判断じゃないということですね?

アステラスが実践するペイシェント・セントリシティ

アステラスが実践するペイシェント・セントリシティ

いまやペイシェント・セントリシティは、製薬業界が注目する分野となっています。ペイシェント・セントリシティを考えない製薬企業は、業界から取り残されてしまうことに気づいた、とアンソニー・ヤニは述べます。もちろん、単なる議論に留まらず、確かな行動が伴わなければ意味がありません。
「議論することや、患者さんに会って情報を書き留めることは容易だが、集めた情報を基にどう行動するかが重要だ」とアンソニー・ヤニは語ります。
さらに「製薬企業として、創薬、開発、供給において、新たな意思決定プロセスを実現するために業務基盤をどのように変えていけばいいのか?」と問いかけます。

「治療」と「ケア」の違いとは

社員一人ひとりが実践する、アステラスのペイシェント・セントリシティ

社員一人ひとりが実践する、アステラスのペイシェント・セントリシティ

社員一人ひとりが実践する、アステラスのペイシェント・セントリシティ

ペイシェント・セントリシティを意識した医薬品開発の実現

ペイシェント・セントリシティを意識した医薬品開発の実現

ペイシェント・セントリシティの文化を醸成するために必要な体制や能力を獲得するために、アステラスは、患者さんの視点を取り入れた医薬品開発(PFMD:Patient Focused Medicines Development)に注力しています。また、アステラスでは、この取り組みをより意義あるものにするために、D(Delivery/供給)を付け加えPFMD+Dと定義しています。PFMDを実現するためには、全ての業務基盤と能力にその考えを取り入れることが重要となりますが、そこにDelivery(供給)を追加しないと、患者さんは製薬企業と開発段階でしか関わることができず、投薬段階では関与できません。これでは患者さんが実際に直面している課題を理解し対応する機会を失うこととなり、治療とケアのバランスが取れないと考えました。
アステラスは、医薬品の開発が完了した後もペイシェント・セントリシティの活動を継続することで、治療とケアのバランスを取るように努めています。新薬を生み出し認可を受けた後も、患者さんのケアに注力しなければなりません。
アンソニー・ヤニは、「患者さんの投薬中の行動と、それに伴う症状にも向き合う必要があります。それこそが、第2のD(Delivery/供給)の意味です」と語ります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる