オプション取引とは

デルタの定義

デルタの定義
力学

クロネッカーのデルタ -->

> > This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Tell your friends about Wikiwand!

Suggest as cover photo

Would you like to suggest this photo as the cover photo for デルタの定義 this article?

Thank デルタの定義 you for helping!

Your input will affect cover photo selection, along with input from other users.

Thanks for reporting this video!

This browser is not supported by Wikiwand :(
Wikiwand requires a browser with modern capabilities in order to provide you with the best reading experience.
Please download and use one of the following browsers:

An extension you use may be preventing Wikiwand articles from loading properly.


If you're using HTTPS Everywhere or you're unable to access any article on Wikiwand, please consider switching to HTTPS (https://www.wikiwand.com).

An extension you use may be preventing Wikiwand articles from loading properly.

If you are using an Ad-Blocker, it might have mistakenly blocked our content. You will need to temporarily disable your Ad-blocker to view this page.

Please click デルタの定義 the "Downloads" icon in the Safari toolbar, open the first download in the list,
then click Install

記号Δ(デルタ)の意味とは?その計算法は?物理でよく出てくる記号Δについて解説

力学

さいとう

ただそれだけの話ですが、この 「○○の変化量」という考え方が分からないと物理ができるようにはなりません ので、さらっと理解してしまいましょう。

\(\Delta\)とは何か

さいとう

この文字は「 ○○の変化量 」を表しています。 \(\Delta\)とその直後につく文字はワンセットで考えます 。 例えば、 \(\Delta s\)であれば「\(s\)の変化量」 ですし、 \(\Delta t\)であれば「\(t\)の変化量」 デルタの定義 デルタの定義 です。

\(\Delta\)はその直後の文字の意味を表す記号 です。直後の文字と一つのかたまりで「 ○○の変化量 」という意味です。

「○○の変化量」はどのように表すのか

「○○の変化量」は\((変化後の量)-(変化前の量)\) で表されます。物理は自然現象の変化についてを見る学問ですから、 この考え方はとても重要 です。 \((デルタの定義 あと)-(まえ)\) と覚えておくと覚えやすいでしょう。

補足:物理量 デルタの定義 デルタの定義
物理量とは物理的な意味を持つ量のことです。 ここでは\(○○\rm\)とか\(○○\)秒(または\(○○\rm\))のことだと思っていれば大丈夫です 。物理量の例として長さとか質量とか時間とか電流とかがあります。詳しくは別の記事に書く予定です。

「○○の変化量」を計算するときはとにかく \((あと)\)と\((まえ)\)に気を付けてください 。この記事でも、そしてこれからも、何回も登場します。

さいとう

さいとう

さいとう

さいとう

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる