FXを始めよう

仮想通貨と電子マネーの違いはなに

仮想通貨と電子マネーの違いはなに
パン蔵

IFAコラム

1. 発行管理者がいない
従来の通貨では、政府や中央銀行といった管理者が通貨発行をコントロールするのに対し、仮想通貨は管理者が存在しません。その代わり、利用者たちがネットワーク上で唯一かつすべての取引履歴を、相互に保管しあいます。通貨の発行はこの取引履歴の健全性を維持するために、有志が供出する計算資源が行った計算に対して行われます。この計算によって新しい通貨を発行する行為を採掘(マイニング)と呼び、発掘を行うための計算を行うものを採掘者(マイナー)と呼びます。そして、新しく発行された通貨は、マイナーに対して報酬として支払われます。

2. 不正な発行(発掘)や悪用防止のため暗号化の技術を使う 仮想通貨と電子マネーの違いはなに
仮想通貨の大きな特徴として、ブロックチェーンと呼ばれる取引履歴があります。ブロックチェーンでは、一定期間で発生した取引の履歴がブロックと呼ばれる単位で記録され、各ブロックはそのブロックが作られる前に行われた取引履歴である、別のブロックのIDを保有しています。これを遡ると、過去全ての取引履歴を確認することができるのです。この過去から現在までの取引履歴であるブロックが時系列でつながっていることが、ブロックチェーン(ブロックの鎖)と呼ばれる理由です。

3. 海外への送金にかかるコストと手間が少ない
海外へ送金するときには、国内での送金と異なり「送金手数料」「為替手数料」「受取手数料」という3つのコストや手間がかかります。送金手数料の相場は4,000円ほど、為替手数料は1ドルあたり1円ほど、受取手数料は相手側の金融機関で決められています。個人で海外へ送金する場合に、1回あたりの手数料がこれだけかかると大きな負担になりますが、仮想通貨であれば世界中どこへでも一律数円です。

法定通貨との比較

人生100年時代と呼ばれる現代において、長期的な視点で資産運用を提案してくれる
資産運用アドバイザー(IFA)の活用を検討してみてはいかがでしょうか?

人生100年時代と呼ばれる現代において、長期的な視点で資産運用を提案してくれる資産運用アドバイザー(IFA)の活用を検討してみてはいかがでしょうか?
SBI証券では、お客さま一人一人にIFA担当者がつき、お客さまの 投資スタイルに合わせて担当者からの電話、訪問によるアドバイスや投資情報の提供を受けながらお取引できるIFAコース(プランA)、SBI証券の提携するIFAにお電話等による投資相談が受けられるIFAコースの2つのコースをご用意しており、また、インターネットでもお取引いただけます。
SBI証券は、お客さまの「信頼できるアドバイザーに資産運用の相談をしたい」 というご要望に応えるべく、IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)と提携し、ネットとリアルの融合を図ることで真の「顧客中心主義」を目指してまいります。
. 続きを読む

金融商品取引業者 株式会社SBI証券
関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、
一般社団法人 金融先物取引業協会、
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

「LINE Pay」と「PayPay」の違いや使い方とは? 両方使って利便性を体験!

「LINE Pay」と「PayPay」の違いや使い方とは? 両方使って利便性を体験!

コンビニで「お会計は908円です」と言われたら、迷わずお財布から1,008円を出したくなるところですが、今はスマホ決済アプリを使えばスマホをかざすだけでお買い物ができる便利な時代。前編では「そもそも○○Payなどのコード決済とは何か」や今後のキャッシュレス社会についてご紹介しましたが、今回は実践編。「PayPay」と「LINE Pay」を実際に使ってみて、その違いと利便性について体験しましたので、現場からレポートをお届けします!
※筆者はiPhoneユーザーで、今回初めてスマホ決済アプリを使ってみました

1 まずは「PayPay」を使ってみた!

画像:まずは「PayPay」を使ってみた!

1.1 アプリをダウンロードして起動

ということで実際に使ってみましょう。まずは「App Store」(Androidの場合はGoogle Play)から「PayPay」を検索、アプリをダウンロードします(もちろん無料)。ダウンロードが完了すると、自分のアプリ欄に追加されているのでタップして起動します。

画像:アプリをダウンロードして起動

1.2 登録&支払い方法を選択

画像:登録&支払い方法を選択

「welcome to PayPay」という画面のあとに簡単な使い方の説明が始まり、その後トップ画面に。するとなぜか残高が「500円」になっていてビックリ。よくよく見てみると、新規登録の特典として500円分のPayPayボーナスがもらえるとのこと。

画像:登録&支払い方法を選択2

1. PayPay残高からの支払い
このアプリ内に現金をチャージして利用する方法で、銀行口座を登録する必要があります。また、「Yahoo! JAPAN ID」との連携が必要で、持っていない人はIDを作ることからはじめないといけません。
※Yahoo! JAPAN IDは無料で登録できます。

2. Yahoo!マネーによる支払い
電子マネー「Yahoo!マネー」を使った支払い方法。こちらも「Yahoo! JAPAN ID」との連携が必要です。

3. クレジットカードからの支払い
クレジットカード情報を登録することで、PayPayを通してクレジットカードが利用可能です。

筆者はYahoo! JAPAN IDを持ってはいましたが、普段クレジットカードで支払いをすることがほとんどなので、「3」の方法で登録してみました。

1.3 クレジットカードをサクッと登録

画像:クレジットカードをサクッと登録

画像:クレジットカードをサクッと登録2

1.4 お会計方法は2つ

1. バーコードでお会計
アプリ内の「支払う」ボタンを押すとすぐに表示されるバーコードを店員さんに読み取ってもらう一般的な方法。

2. QRコードでお会計
アプリ内の「スキャン支払い」をタップしてカメラを起動させ、お店のレジ横にあるPayPay のQRコードをスキャンして支払う方法。
※バーコード支払い、スキャン支払いに対応していない店舗もあります。

画像:お会計方法は2つ

1.仮想通貨と電子マネーの違いはなに 5 コンビニや家電量販店など身近なお店で使える

画像:コンビニや家電量販店など身近なお店で使える

1.6 コンビニで使ってみた

画像:コンビニで使ってみた

画像:コンビニで使ってみた2

画像:コンビニで使ってみた3

画像:コンビニで使ってみた4

1.7 「送金する」機能も

画像:「送金する」機能も

1.8 PayPayを使ってみた感想

2 次に「LINE Pay」を使ってみた!

画像:次に「LINE Pay」を使ってみた!

2.1 LINEから登録できるので専用アプリ不要

まずは登録から始めましょう。「LINE Pay」は専用アプリのダウンロードが不要で「LINE」内の右下にある「ウォレット」ボタンから始められるので楽チンですね。
※AndroidユーザーがQUICPayの対応箇所でタッチ決済をする場合は、別途「Google Pay」アプリをダウンロードしておく必要があります。

画像:LINEから登録できるので専用アプリ不要

2.2 チャージ方法は4パターン

「LINE Pay」はICOCAなどと同様に、アプリ内の残高を使って支払うプリペイド式。クレジットカードを使っての残高チャージはできない(ただしLINE STOREなどLINE関連サイトはLINE Pay内でカードを登録すると支払いに利用できる)ので、以下の方法のどれかでチャージをする必要があります。

1. 銀行口座
自分の銀行口座を登録して、その口座残高からお金をチャージする方法。
(手動でチャージするか、あらかじめ設定した残高が最低残高を下回った場合、登録した銀行口座から自動的にお金を引き落とすオートチャージも設定できる)

2. コンビニ
チャージ金額をアプリ内で入力し、コンビニの端末(Famiポート)を使ってチャージする方法。

3. 「LINE Pay カード」レジチャージ
ローソンなどのレジにて「チャージしてください」と伝え、LINE Payカードを渡し、チャージしたい金額を伝えその分の現金を支払う方法。

4. QRコード/バーコード チャージ
対象店舗の店頭レジでコード画面を見せ、チャージしたい金額を伝えその分の現金を支払う方法。
※2019年3月現在AINZ&TULPE、LIPS&HIPS、アインズのLINE Pay導入店舗に限ります。

▶ 「LINE Payカード」とは
スマホ上のLINE Payアカウントと連動するプリペイドカード。国内外のJCB加盟店で使用できて、スマホ決済同様に、支払いに利用するとLINEポイントが貯まります。貯まったポイントは1ポイント=1円相当としてLINE Payでの支払いに利用できるほか、各種LINEのサービスで使用したり、他共通ポイントなどにも交換可能。LINE PayカードはLINEアプリ内LINE Payメニューから無料で発行でき、申し込むと一週間~10日ほどで届きます。

仮想通貨と電子マネーの4つの違いと将来性について

電子マネー決済

パン蔵

ナマケモノ君

トモヤ

【違い①】管理会社の存在

仮想通貨は管理されていない

パン蔵

トモヤ

例えば電子マネーで有名な 「SUICA」はJR東日本が運営 していますし、 「PASMO」は株式会社パスモが運営 仮想通貨と電子マネーの違いはなに している電子マネーです。

僕は現在名古屋市に住んでいるので「manaca」を使うことが多いですが、 「manaca」も名古屋鉄道が運営 している電子マネーになります。

ナマケモノ君

【違い②】送金できるかどうか

仮想通貨は送金が可能

トモヤ

パン蔵

【違い①】でお話しした通り、仮想通貨には運営・管理している会社が存在しないことが多いです。そのため、 運営会社に対して手数料を支払う必要がない 仮想通貨と電子マネーの違いはなに んです。

ナマケモノ君

トモヤ

ナマケモノ君

トモヤ

電子マネーは送金が不可能

【違い③】世界中で使えるかどうか

仮想通貨は万国共通

仮想通貨の王様といわれている 「ビットコイン」の通貨単位はBTC(ビットコイン) となります。 1BTC、2BTCなどと表記 するんです。

パン蔵

ナマケモノ君

電子マネーは日本だけで使える

仮想通貨と電子マネーの違いはなに パン蔵

トモヤ

【違い④】価値が変わるかどうか

仮想通貨は値動きがある

パン蔵

それは仮想通貨の代表格である ビットコインには運営会社が存在しないことが関係 しています。

日本の通貨は日本銀行が貨幣の量を調整することで貨幣価値を操作していますが、 仮想通貨は何にも管理されていないため需要と供給によってのみ値動きが直結 してしまうからです。

ナマケモノ君

トモヤ

電子マネーはチャージした分だけ使える

その点で 電子マネーはチャージされた分をそのまま使うことができるので安心 です。

仮想通貨が普及するために重要な3つのこと

パン蔵

ナマケモノ君

トモヤ

①利用できる店舗が増えること

ナマケモノ君

トモヤ

投資目的で仮想通貨を売買するのもいいですが、やはり 「お金」である以上は実際にお店で買うための手段として仮想通貨を使いたいところ です。

②値動きがなくなること

仮想通貨は値動きが激しい 仮想通貨と電子マネーの違いはなに ため投資の面では魅力がありますが、 買い物で使うのであればデメリット になります。

お客

レジ

消費者講座「ビットコイン-仮想通貨で変わる生活-」

2018_bitcoinのサムネイル

◆(事前申込制)◆
新宿消費生活センター委託「消費者講座」

ニュースで話題となった「ビットコイン」などの仮想通貨。
便利になる反面、大きなリスクもあります。電子マネーとの違
いや利用方法、知っておくべきリスクなど、基礎知識を学びま
す。お仕事帰りや日中、お忙しい方でも気軽に参加しやすい夜
間の開催です。

新宿文化センター 4階 第1会議室
(新宿6-14-1)

往復はがき(昨年6月1日より片道62円・往復124円になりました)
または 申込み専用ウェブサイト から
以下をお知らせください。

9月1日(土)必着

※ウェブサイトからの申し込みには、Eメールアドレスの登録が必要です。
※新宿未来創造財団からの連絡はEメールにて行いますが、hotmailは受信されないので、そのほかのEメールアドレスを使用ください。 仮想通貨と電子マネーの違いはなに
また、そのほかのフリーメール(Yahoo-mail、G-mailなど)も「迷惑メール」として認識される場合があります。
お手数ですが、ご自身のEメールの設定をご確認の上、申込み願います。
※申込みの際に提供いただきました個人情報は、新宿未来創造財団個人情報保護規程に基づき、本事業以外には使用いたしません。

申込み・問合せ

新宿区立新宿文化センター
(仮想通貨と電子マネーの違いはなに 公益財団法人新宿未来創造財団)
〒160-0022 新宿区新宿6-14-1
Tel:03-3350-1141

仮想通貨の確定申告で利用される「移動平均法」「総平均法」の違いとは?

仮想通貨の確定申告で利用される「移動平均法」「総平均法」の違いとは?

仮想通貨の確定申告で利用される「移動平均法」「総平均法」の違いとは?


このケースにおいては、購入した3BTCのうち、売却した1BTCに係る取得原価(= 100円)と、売却時の時価(= 150円)の差額である50円が所得として認識され、移動平均法と総平均法の間で計算結果に違いはありません。

計算例2:仮想通貨の購入が2回以上ある場合

ビットコインを、①〜④の順で購入・売却した。
①時価100円/BTCで1BTCを購入
②時価150円/BTCで1BTCを購入
③時価200円/BTCで1BTCを売却
④時価275円/BTCで1BTCを購入


本設例においては仮想通貨の購入が計3回、売却が1回となっており、仮想通貨を売却した際の売却時価に対応する原価について、取得価額をどのように算出するかによって所得計算の結果がかわることになります。


まずは移動平均法についてです。移動平均法においては、 仮想通貨の取得価格(単価)は仮想通貨の購入の度に計算 します。

③の売却時においては、直前の②の購入までで計算された単価である125円をもって原価とするため、200円 – (125円 × 1BTC)= 75円が所得金額となります。


総平均法においては、基準期間(本設問においては①〜④の取引を含む全期間)に購入した金額合計を、基準期間に購入した仮想通貨の数量合計で除して、基準期間全体で一律の取得価額(単価)を利用します。

したがって、200円 – (175円 × 1BTC)= 25円が所得金額となります。

移動平均法と総平均法の違いは「計算のタイミング」

上記設例のように、移動平均法と総平均法の最大の違いは購入した 仮想通貨の取得価額(単価)を計算するタイミング です。移動平均法は購入の都度取得価額(単価)を計算しますが、総平均法は基準期間の最後にまとめて取得価額(単価)を計算します。

ビットコインなど仮想通貨の総平均法・移動平均法の違い

取得原価の計算方法について、前提仮想通貨の購入単価の計算に 移動平均法を使用した場合と総平均法を使用した場合の計算結果は、単年度では異なるものの、将来にわたって生じる所得金額は一致 します。

しかし、2017年度の仮想通貨市場や上記設例2のように、基準期間を通じて相場が 上昇トレンドの場合に総平均法を用いると 時価のあがった後半の期間に仮想通貨の購入を行うことにより、所得計算を行う売却時に利用する 取得価額(単価)が上昇するために結果として所得金額が少なくなる ことが多くなります。

総平均法の採用にはデメリットも

【移動平均法】

  • 購入の都度取得価額(単価)を算出するため、計算が煩雑
  • 経済的な実態に即した計算方法
  • 年度中に所得計算ができるため、所得の見積りや納税資金の準備が行いやすい。

【総平均法】

  • 年度内のすべての購入を集計し、一度で単価を計算できるため計算が容易
  • 購入タイミングや市場のトレンドによっては経済的な実態と乖離してしまう可能性がある。
  • 年度が終わらないと取得価額(単価)がわからないため、納税資金の準備が行いづらい。

移動平均法・総平均法で仮想通貨取引を計算するには?

ビットコインなどの仮想通貨における 移動平均法・総平均法の計算方法と、その詳しい違いについてご紹介してきました。これらの計算を手作業でやると、かなりの時間と労力が必要になると想像できるでしょう。 特に移動平均法の計算は非常に煩雑です。

そんな仮想通貨の計算や確定申告に関する負担を軽減するため、Aerial Partnersでは 仮想通貨の損益計算ソフト「Gtax」を提供しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる